Script is OFF

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Top

充実の三作目 その1

05 14, 2014 | North Europe

Simian Ghost The Veil_500

The Veil
by Simian Ghost

スウェーデンのエモ/ポストロックバンド AERIAL の Sebastian Arnstrom を中心とした3人組。作品を発表するごとに良くなっている印象な彼等なんですが、この最新作は更に凄いことになっているよ!

simianghost-500.jpg

Sebastian のソロ・プロジェクトとしてスタート。エレクトロニカ的なデビュー作 Infinite Traffic Everywhere から、チルウェーブなどからの影響大な続く Lovelorn EP 、それらの要素に加え(メンバーも増え)、美麗なメロディーと、あのキラキラな(としか言いようがない)感じ!という彼等ならではのサウンドを確立した(と個人的に思っている)、前作の Youth と、着実にキャリアハイを更新している感じでしたが、今作では、楽曲の幅・質ともに更にその上を行ってるよ!コンセプチュアルな作りの全18曲。ほんと、もうこのまま解散してもおかしくないってぐらいの出来なんじゃない?

alt here... alt here...

facebook_24.png twitter_24_1.png soundcloud_24.png

http://simianghost.com/
http://nomethod.se/

参考:Fasutcut Records

まるで18曲がエンドレスでリピートできるような仕掛けとなった本作は、The High Llamas『Hawaii』やThe Flaming Lips『The Soft Bulletin』のように一つの物語のように展開。冒頭「Float」~「Cut-Off Point」、そして最初のリード曲「A Million Shining Colours」へと繋がる3曲で一気に聴き手の体を宙へと浮かばせ、その後に続く美しいワルツ・リズムのデュエット曲「Echoes Of Songs (For Trish Keenan)」で深淵な世界へ誘い、『Pet Sounds』への憧憬を感じさせる秀逸なハーモニーの「The Ocean Is A Whisper」、コーネリアス的シューゲイズ・ポップの「I Will Speak Until I'm Done」、繊細なアルペジオと抜群の号泣メロディで彼方へ誘う「Scattered And Careless」、Phoenixの1st期のようなアーバン・ディスコティック・インディー「Never Really Knew」と名曲ラッシュ。感動的なエンディングへと向かう後半にも、冷えたギターの疾走感がクールな「The River Ouse」、Sigur Rosも彷彿とさせる壮大なスロウ・ナンバー「Endless Chord」、そして感動のファイナル「The Veil」へと向かう最高の60分。










-2 Comments
By GAOHEWGII05 18, 2014 - URLedit ]

sun様 こんばんは

相変わらずいいものを紹介して下さりうれしいです。

シューゲイザーはあんまりなのですが、
これはとてもまろやかポップで気に入りました。メモメモ。

By sun05 21, 2014 - URL [ edit ]

> GAOHEWGII さん

気に入ってくださったみたいで何よりです:)

このアルバムは、ほんとかなりオススメなので、ぜひぜひ!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
swo-follow-twitter_160.png
swo-follow-feedly_160.png
swo-follow-twitter_160.png


side B

最近の記事
お気に入り
  • Our Favourite Gush
  • Welovepopmusic
  • gorgeous!
  • A PALACE in THE SUN
  • Something On My Mind
  • always pop like that!
  • pop web
  • Memory Box
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。